イノシシ罠の点検に行ったよ!

 11月17日に東高尾の田んぼに置かれたイノシシの箱罠を点検に行ったよ。

 地域おこし協力隊の河野隊員が1週間前から設置したもの。真ん中にリンゴや米ぬかを置いて匂いでイノシシを誘い、檻の中に入ってワイヤーに触れると両方の戸が下りる仕組み。前回見回ったときには無かった足跡を発見したよ!数ヶ月ほど同じ場所に置いて捕獲を目指すとのこと。

 町内でも有害鳥獣(イノシシ、シカ、アナグマ、ヌートリア)の被害が発生していて毎年40頭前後のイノシシが捕まっているんだ。

 「罠」って怖いイメージがあったけど、田んぼや畑を守るためにとても大切な活動なんだね。

 

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください