【重要】この度、農林水産省より「運用についての見直し」が行われました。

※前年より売り上げが減少した農業者のみが対象となります

詳細は、農林水産省HP外部サイトへのリンクをご覧ください。

 

新型コロナウイルスの影響による需要の減少などにより影響を受けた高収益作物(野菜、花き、果樹、茶)について、次期作に前向きに取り組む生産者を応援します。

交付金の対象となる生産者

令和2年2月~4月末の期間に「野菜・花き・果樹・茶」の出荷実績がある、または廃棄等により出荷できなかった生産者

必須条件

令和3年3月末までに作付け面積が現状維持または増加すること

セーフティネット(収入保険、農業共済、野菜価格安定対策等)へ加入している、または加入を検討している生産者

※借りている農地については利用権設定のあるほ場が対象

 

交付内容

 

1.次期作に前向きに取り組む生産者への支援

【交付単価】
(1)基本単価 10アールあたり5万円

(2)施設栽培※の花き、大葉およびわさび 10アールあたり80万円
   施設栽培※のマンゴー、おうとうおよびぶどう 10アールあたり25万円
  ※(2)の対象となる施設は、加温装置(空調装置)またはかん水装置がある施設で、いわゆる雨よけハウスは除きます。
【交付対象面積】
同一ほ場において、(1)~(8)の取組項目を
2つ以上実施した面積
※交付単価(2)の施設栽培については、(8)の取組項目を選択できません。また、80万円/10アールの交付単価の場合、(3)の取組項目を必ず実施する必要があります。

取組累計

取組項目

ア 生産・流通コストの削減に資する取組

(1)機械化体系の導入 ※購入、レンタル、リース(いずれも可)
(2)集出荷経費の削減に資する資材の導入(大型コンテナ、通い容器等の導入)

イ 生産性又は品質向上に要する資材等の導入に資する取組

(3)品目・品種等の導入(栽培技術の転換等)
(4)肥料・農薬等の導入(転換に必要な資材導入等)
(5)かん水設備等の導入(品質向上に必要な機器等の導入)

ウ 土づくり・排水対策等作柄安定に資する取組

(6)土壌改良・排水対策の実施(作柄安定に資する対策の実施等)
(7)被害防止技術の導入(作柄安定に資する資材等)

エ 作業環境の改善に資する取組

(8)労働安全確認事項の実施(講習会の受講等)
(8)農業機械へ安全装置の追加導入、ほ場環境改善・軽労化対策の導入

オ 事業継続計画の策定の取組

(8)事業継続計画の策定等

※取組内容の詳細は、取組例(5万円/10a用)取組例(80万円/10a、25万円/10a用)をご確認ください。

 
2.新たな品種や新技術の導入等への支援

【交付単価】 取組類型ごとに 10アールあたり2万円
【対象となる取組】 (1)~(3)の取組類型から
1つ以上の取組項目を実施した面積
※(1)~(3)のすべてを実施する場合、最大6万円
※同一ほ場で、同一の取組類型から複数の取組項目を実施する場合は、面積が大きい方の取組面積とします。

取組累計

取組項目

(1) 新たに直販等を行うためのHP等の環境整備

(1)新規契約の締結
(2)追加契約の締結
(3)需要開拓による販路の変更

(2) 新品種・新技術導入等に向けた取組

(1)都道府県知事が定める新品種の導入
(2)都道府県知事が定める新技術の導入

(3) 海外の残留農薬基準への対応または有機農業、GAP等の取り組み

(1)残留農薬基準等への対応
(2)有機農業の認証取得に向けた取組
(3)GAPの認証取得に向けた取組
(4)MPS(花き生産総合認証)の取得に向けた取組

3.高品質なものを厳選して出荷する取組への支援

【対象品目】花き・茶・施設栽培の大葉、わさび、マンゴー、おうとうおよびぶどう
【交付単価】人数・日数に応じ、1人・1日あたり2,200円
【対象となる取組】
(花きの取組例)
 フラワーネット張りの調整
 芽かき・摘花・製枝
 冷蔵貯蔵等による出荷調整 等
(茶の取組例)
 被覆作業の実施
 化粧ならし・遅れ目除去
 荒茶の分別製造調整 等

事業の流れ

 

 

taishousha

Q&Aでより詳しく!

Q1:対象月に小松菜を道の駅に出荷していましたが、何を作ったら対象となりますか?

 A1:小松菜は野菜ですので、4月30日以降に作付けた、または出荷する、野菜類、花き類は対象です。

   ※対象となる品目の考え方

複合経営で支援対象

となる次期作の面積

複合経営のうち、出荷実績のある高収益作物

野菜・花き

果樹

野菜・花き

対象

対象外

対象外

果樹

対象外

対象

対象外

対象外

対象外

対象

   なお、次期作を農協出荷する品目とする場合、まずは農協へお問い合わせください。

 

Q2:交付対象の品目は一つしか選択できませんか?

 A2:細かい要件等はありますが、それぞれのほ場ごとに次期作の選択は可能です。

    ただし、一つのほ場につき1回限りの交付となります。

 

Q3:利用権設定せずに借りて栽培している農地は交付金の対象農地となりますか?

 A3:利用権設定された農地が対象です。また、合計面積1a以上からが対象となります。

   申請時に一緒に利用権設定の申し込みを行った場合、農業委員会で承認後の申請書受理となります。

   8月農業委員会総会にむけての利用権設定の申請受付は7月27日(月曜日)〆切です。

 

Q4:栽培している農地の番地と場所が一致しないとか、番地自体がわからない農地があるのですが?

 A4:申請時に一筆ずつ番地と作付け品目を記入する必要があります。

    まずは農業委員会や土地改良区へお問い合わせいただき、番地と場所をご確認ください。

 

提出書類

1.申請書類(ExcelWord版)(申請書・取組計画書・面積等整理表(Excel)振込口座届出書

               同意書(北栄町のみ)

               申請時提出用チェックシート  次期作の取組シート

                 (PDF版)問い合わせの多い内容で該当する申請書をそれぞれまとめた物を作りました

                            5万円申請セット 80万円申請セット(施設花き) 5万・80万申請セット

   参考記入例(PDF)

2.令和2年2月から4月までの間に対象の高収益作物を出荷したことが確認できる書類(領収書・納品書等)、廃棄した場合は高収益作物を廃棄したことが確認できる書類(前年産の出荷実績および今年産の廃棄理由書)

3.次期作への取組面積がわかる公的資料(令和2年度営農計画書、農地基本台帳、共済細目書 等)

提出期限

8月19日(水曜日)まで(第3回公募)

系統外出荷の場合

系統出荷(JA出荷)や芝生産者の場合、関係団体主催の説明会を開催していますが、系統外出荷の方は、2月~4月の出荷を把握できていない場合があります。該当するかもしれないと思われた方は直接役場産業振興課へお問い合わせください。

提実績報告書類

 

     実績報告書(Excel)

※2つの取組を実施したことが分かる書類(作業日誌等)を添付して提出

 

受付

7月13日(月曜日)~

受付時間9時00分~16時00分

 

より詳しい内容は、下記、農林水産省HPでご確認ください。

https://www.maff.go.jp/j/seisan/ryutu/engei/jikisaku.html外部サイトへのリンク

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
[id1]
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください