砂丘ながいも ねばりっこ

長芋・ねばりっこ初出荷出発式(平成28年11月7日)

 北栄町特産の砂丘長芋とねばりっこの初出荷出発式が7日、JA鳥取中央長芋集荷場であり、初荷を積んだトラックが関西方面に向けて出発しました。
 今年度の長芋の作付面積は7.6ha(前年比92%)、ねばりっこは昨年より増えて24.3ha(前年比108%)となり、4億円の販売金額を目指します。
 JAの福山巌組合長が「管内の主品目ではアンカーを務める長芋がスタートしました。ねばりっこをしっかり販売して、ねばり強く被災の復旧・復興をしていきたい」とあいさつ。
 長芋生産部の信方会長は「この震災で被災された生産者の方もいらっしゃいます。この地震に負けないよう、長芋生産部一丸となって、安定供給と消費拡大を図りたい」と誓い、関係者がテープカットとくす玉割りを行って初出荷を祝いました。

 一方、北条砂丘の長芋・ねばりっこの畑では、農家の方が、地上部の葉をとつるを片付け、掘り採る作業をされていました。この収穫作業は来年の1~2月にかけて行われていきます。

 サクサクとした食感の「長芋」、甘みとコクのある「ねばりっこ」を是非食べて見てください。

出発式写真1掘りとり写真ねばりっこ写真掘りとり写真2ねばりっこ畑

ねばりっこ植付作業

ねばりっこの収穫

砂丘ながいもの収穫

砂丘ながいも・ねばりっこ選果

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください