農用地区設定要件(法第10条第3号)

(1)10ha以上の集団的に存在する農用地

 道路、鉄道、河川、がけ等があっても、容易に一連の農作業が行えると認められる場合には一団の土

地とする。

(2)土地改良事業等の施工に係る区域内の土地

(3)集団的に存在する農用地及び土地改良事業等の施工に係る区域内の土地の保全又は利用上必要な

施設の用に供される土地

(4)農業用施設用地(2ha以上の規模のもの又は(1)、(2)に隣接するもの)

(5)地域の特性に即した農業振興を図るため、農業上のりようを確保することが必要な地(町が必要

と認めるもの)

※現計画では除外地の地番が一覧表として計画書に記載されているが、今回の計画では、農用地を表示

する。

※国道、県道、鉄道及び河川は除外地。

※山林については、基本除外地とし、砂丘地の点在林等防風林は農用地とする。

※雑種地は基本的に除外地。(園芸試験場等一部農用地として扱います。)

※農用地に隣接する農道、用水路等は(3)に該当。

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください