多様な担い手の確保と育成

 北栄町は、農業を基幹産業とする町です。

 しかしながら、農業を取り巻く環境が一貫して厳しい状況にある中、北栄町における農家戸数、新規

就農者も長期的に見ると減少しています。北栄町農業の主力の担い手が、50代後半であることも踏ま

え、次世代農業者の育成が重要となってきています。

 北栄町では、子どもたちや若者が農業に魅力を感じる取り組みを行うとともに、IJUターンによる新

規就農者の受入、集落営農組織の拡充や企業の農業参入などを推進し、多様な農業集落の確保・育成を

図っています。

参考(クリックで表示されます):市町村別新規就農者数法人等就業者数

問合せ

北栄町役場 産業振興課 農林振興室 TEL:0858-37-3152

就農相談チェックシート

 就農についてのご相談は、北栄町役場 大栄庁舎2階 産業振興課 農林振興室までまずはご連絡ください。TEL:0858-37-3152

 

 就農に関しての相談の際、下記チェックシートに事前に分かる範囲で記入していただくとより相談が

スムーズになりますのでご活用ください。

就農相談チェックシート.pdf 129KB

助成事業

事業名

内容

北栄町新規就農者

移住支援給付金事業

 町外から移住の新規就農者で借家住まい、かつ1年以上農業を

した方を対象

【上限月額】3万円(12ヶ月給付)

北栄町新規就農者移住支援給付金交付要綱.pdf 1371KB

就農条件整備事業

(クリックすると県HPにジャンプします)

 農協又は公社が認定新規就農者に対し、就農時に必要な機械・

設を貸与するために整備する場合又は認定新規就農者自ら就農

に必要な機械・施設を整備する場合に助成

【一人当たりの事業費上限額】1,200万円

              負担割合:県1/3、市町村1/6

青年就農給付金(経営開始型)

(クリックすると県HPにジャンプします)

 就農後の経営安定、定着促進のため、就農時45歳未満の認定新

就農者に対し、就農後最長5年間給付金を給付

【給付額】150万円/年

 ※就農応援交付金との重複不可

就農応援交付金

(クリックすると県HPにジャンプします)

 認定新規就農者に対し、就農初期に係る運転資金、機械・施設

整備費等に活用できる交付金を交付

【交付額上限額】

1年目:10万円/月、2年目:6.5万円/月、3年目:4万円/月

負担割合:県2/3、市町村1/3

※助成期間中に離農した場合は、離農した月以降の交付金は交付

れません。(既に交付金の交付を受けている場合は、離農した

以降の交付金を返還)

※青年就農給付金(経営開始型)の対象となる者は支援対象外

親元就農促進支援交付金

(クリックすると県HPにジャンプします)

 認定農業者等の後継者が、親(3親等以内の親族を含む)の

従事しながら、親元で研修を行う場合に最長2年間交付金

交付

【交付額】 10万円/月

      負担割合:県2/3、市町村1/3

認定就農者の主な要件外部サイトへのリンク (クリックしてください)

その他の支援制度

制度 内容

青年等就農資金(旧就農支援資金)

(クリックすると県HPにジャンプします)

 青年等就農資金は、新たに農業経営を開始される方が施設・機

械等の取得や肥料・農薬等運転資金に利用できる資金です。借入

を希望される場合は、各農協にご相談ください。

【貸付対象者】 認定新規就農者(※)

       ※就農地がある市町村で青年等就農計画の認定を

        受けた者

【資金使途】  施設・機械の取得

        肥料・農薬・農地賃借料等に利用する長期の運

        転資金

【貸付限度額】 3,700万円 【貸付利率】 無利子

【貸付機関】  農協等の金融機関

認定新規就農者制度

(クリックすると県HPにジャンプします)

 認定新規就農者制度とは、新たに農業を始める方が作成する青

年等就農計画を市町村が認定し、認定を受けた新規就農者に対し

て重点的に支援措置を講じようとするものです。詳細は県HPをご

覧ください。

支援・相談・研修

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください