化学肥料・化学合成農薬を原則5割以上低減する取組とセットで、地球温暖化防止や生物多様性に効

果の高い営農活動に取り組む農業者などへの支援制度です。

対象農業者

下記の要件を満たす農業者等

  • 販売を目的として生産を行っている
  • エコファーマー認定を受けている
  • 農業環境規範に基づく点検を行っている

エコファーマーの認定手続きなど、詳しくはこちらをご覧ください。

支援対象取組

 (下記の1.有機農業以外の取組みは、化学肥料等の5割低減の取組みと組み合わせて行うことが要件

です)

  1. 有機農業(化学肥料、農薬を使用しない取組)
  2. カバークロップ(土壌への炭素貯留等を目的に、緑肥等を作付けする取組)
  3. リビングマルチ(土壌への炭素貯留等を目的に、畦畔に麦類や牧草等を作付けする取組)
  4. 草生栽培(土壌への炭素貯留等を目的に、園地に麦類や牧草等を作付けする取組)
  5. 冬期湛水管理(生物多様性保全を目的に、冬期間の水田に水を張る取組)
  6. 炭素貯留効果の高い堆肥の水質保全に資する施用

支援内容

 対象となる取組を行う圃場に対して、次の水準により予算の範囲内で交付金が交付されます。

 1~5の取組:8,000円/10a

 (ただし有機農業のうち、そば等雑穀、飼料作物については3,000円/10a)

 6の取組:4,400円/10a

制度詳細

リンク

このページに関するアンケート

このページの情報は役に立ちましたか?
このページに関してご意見がありましたらご記入ください。
(ご注意)回答が必要なお問い合わせは,直接このページの「お問い合わせ先」(ページ作成部署)へお願いします(こちらではお受けできません)。また住所・電話番号などの個人情報は記入しないでください